alt5番目

種類がある

赤ちゃんの手

不妊治療は、現在いろいろな方法で治療が行われています。治療の種類は、タイミング法、人工授精、体外受精、顕微授精の4種類が存在します。 その中でも、まず最初にタイミング法で治療がなされます。これからも、この治療方法が進められていくと思います。粘液の状態や卵胞の大きさや、血中値などから排卵日を正確に把握し、その日に夫婦で頑張っていただくことで、自然妊娠を目指すという方法です。しかし、タイミング法がうまくいかなかった場合は、人工授精を行います。それでもうまくいかなかった場合は体外受精や顕微授精を行い人工的に妊娠させます。それぞれの妊娠確率は100パーセントではありませんが、自然妊娠よりは確率が上がります。

不妊治療で注意すべき点は、妊娠しないからと自分を責めすぎたり、パートナーに八つ当たりをしたりしないことが重要です。パートナーと協力して、不妊治療を進めることで心にゆとりができて妊娠する確率が高くなります。 不妊治療を行うことは、恥ずかしいことではありません。体の体質や、心の持ちようによっては妊娠がしづらい体質になることがあります。しかし、妊娠できないからと言って悩まずに、体外受精という手段で妊娠できるということを覚えておいてほしい。 妊娠できないからといって、自分を責めたり、パートナーのせいにすると夫婦間が険悪になったり、離婚する可能性もあります。夫婦円満でいるためにも産婦人科に受信することをお勧めします。