alt5番目

リスクを回避

夫婦

排卵誘発剤には2種類の方法がありますが、ゴナドトロピン療法では大きなリスクが伴います。 リスクとは、主に副作用が強いことで、多胎妊娠や卵巣過剰刺激症候群(OHSS)を引き起こす可能性があることです。 OHSSとは、多くの卵細胞が成長したことで刺激された卵巣が10センチ以上大きくなり腹水の貯留や卵巣の腫脹がみられることです。 ゴナドトロピン療法をすることで約20%の誘発率があり、クロミフェン療法が5%、自然妊娠が1%未満という結果から見てもかなりのリスクがあることが分かります。 排卵誘発剤を使用するリスクを事前に説明してくれる医師や病院が非常に大切で、子供がほしいからといって安易に不妊治療で注射薬を使用することは避ける必要があります。

排卵誘発剤は、一般的に不妊治療で使用されます。約1年以上子供を授からない場合に不妊治療を行う人が増えてきます。 方法としては、飲み薬と注射薬があり、飲み薬の効果がない場合に注射薬を使用します。 治療法としては、飲み薬のクロミフェン療法が一般的であり、主に使用されている方法です。数回使用して効果が無い場合には、ゴナドトロピン療法といった強力な排卵誘発剤を使用します。 クロミフェン療法は、卵胞を成熟させるゴナドトロピンの分泌を促すことで正常に排卵させようとするものです。ゴナドトロピン療法は、hMG(ヒト閉経ゴナドトロピン)とhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)の2種類の注射薬を組み合わせる排卵誘発剤です。ゴナドトロピン療法はリスクもあるため、しっかりと医師の説明を聞き判断することが大切です。