alt5番目
赤ちゃんの手

種類がある

不妊治療を行なう時には、自分が利用する不妊治療の種類を選ぶことが大事です。現在では不妊治療の方法は4種類ほどあるため、自分に適している不妊治療法を見つけることができます。

この記事の続きを読む

兄になる

工夫する

排卵検査薬を購入するときには、ドラッグストアなどでも購入することができますが、インターネット通販サイトを利用することで、かなり安くで購入できることが多いので覚えておきましょう。

この記事の続きを読む

夫婦

リスクを回避

排卵誘発剤を利用することによって、様々なリスクがつきまとうことになりますが、正しく利用することによってこのような心配なリスクを回避することができます。その方法を紹介するので確認しておきましょう。

この記事の続きを読む

芝生に寝転ぶ

食べ物で

姙娠をしたときには、食事に注意する必要があります。妊娠中と普段の生活で食べるものを変えることは当たり前のことであり、体も変化しているので、正しく対処する必要があるのです。

この記事の続きを読む

妊娠できない要因とは

不妊の原因は様々です。だからこそ、一人一人をしっかり診察し、その人にあった不妊治療を行なうことが大切なのです。

長期的な計画が必要な不妊治療なら大阪のコチラの病院がサポートしてくれますよ!カウンセリングサービスもあるので安心です。

妊婦と読書

妊娠を希望しているカップルが1年以上経っても妊娠しない場合、不妊が考えられます。不妊は女性だけでなく、男性に原因があることも多いので、不妊治療はふたりで積極的に参加する必要があります。不妊の原因でもっとも多いのが、加齢によるものです。特に女性の場合、35歳を過ぎると出産率が急に下がることが知られています。年齢が高いカップルの場合、早めの治療が望ましいです。男性側の不妊の原因としては、過去の病気があります。子供のころにおたふく風邪やヘルニアなどの手術をした経験はあると、精子を作る機能が低下することがあると言われています。成人してからの糖尿病も同様です。男性の不妊検査は精子を採取するだけなので、比較的簡単です。

女性の不妊の原因は、加齢以外では月経異常がもっとも多いと言われています。月経の期間が長かったり、また極端に短い場合や、月経量が異常に多い場合、月経時の痛みが激しい場合などは、妊娠率が低くなります。ほかの原因としては、過去に性感染症にかかった経験がある場合や、子宮筋腫や子宮内膜症の傾向がある場合も妊娠しにくい要因となります。治療は、タイミング療法や排卵誘発法、人工受精や体外受精などがあり、まずは基礎体温を測るタイミング療法から始める場合が多いです。人工授精や体外受精は妊娠する確率が高い治療ですが、保険適応外となり費用も高額になります。しかし、治療する人の年齢が高い場合は、これらの治療から始めたほうがよい事もあり、医師と相談する必要があります。